進化するストリーミング放送

ネットの世界は毎日進化しています。

ストリーミング放送は「パソコンに動画データーを保存しないでリアルタイムに動画データーを送る」という方式をとり、そのおかげで動画をスムーズに見る事ができます、現在でもYouTubeを中心とする多くの動画サイトで使われています。

動画データーを送るURLが必ず組み込まれているため、それをたどって動画をダウンロードすることができます。このことで諸問題が発生し、今、動画サイトはその配信の仕組みを変えて「どこから動画データが送られてきているのかわからない新しい仕組みを導入しているサイトが増えてきました」

すでにGyaOなどの動画サイトでこの方式を採用し始めていて、今までのやりかたでは保存できないようになってきています。具体例 特集企画「1週間毎日アイドルざんまい」


101016-0002.jpg


この番組は、アイドルイメージをノーカットで配信していますが、動画URLを送らない方式で配信されているため、動画の再生はできても、保存する事はできません。では、どうしたらいいのでしょう?


Image236.jpg

動画URLを必要としないグラバー録画

これら動画URLを発信しないサイトの動画を保存する唯一の方法が、グラバー機能です。
グラバー機能とは、「今見ている動画をリアルタイムで録画する」という動画保存方法です。
つまり、パソコンで見られる動画なら「全て保存出来る」ということになります。
リアルタイムで動画を保存できるということは、チャット動画すら保存出来るということになります。では具体的に保存方法を見ていきます

グラバー機能を使った保存方法

では、実際に動画を保存してみましょう(動画の保存は、個人の責任において行ってください)
(この機能を使うにはMPX6 Ultimate Edition(アルティメット エディションが必要です)
MPX6 Ultimate Edition(アルティメット エディションのダウンロードは下から

http://www.internal.co.jp/products/util/moviegrabber/about/

ダウンロードしたMPX6 Ultimate Edition(アルティメット エディション)を開きます。「グラバー」ボタンをクリックして、したの「ツール」メニューから「管理者権限でブラウザを起動」を選択します。ブラウザが開いたら、保存したい動画ページを開きます。


Image237.jpg


動画の再生を始める前に「開始」ボタンをクリックします

Image237_1.jpg


先ほど保存できなかった特集企画「1週間毎日アイドルざんまい」を保存してみます。動画の再生がはじまると、下のように動画の録画が始まります。そのまま動画を再生させておくとすべて保存する事ができます。


Image238.jpg


保存した動画を再生するとこんな感じです

Image239.jpg

GetAFSなどで保存できないサイトの動画もこのやりかたならほぼ100%保存する事ができます。

http://www.internal.co.jp/products/util/moviegrabber/about/

HOME > ダウンロードURLが検出できなくても保存する方法

Yahoo!ブックマークに登録

サイト別ダウンロード方法

YouTubeの動画を保存する
ユーチューブの動画を一気にたくさんダウンロードする方法。短時間でたくさんの動画を保存したり、バラバラな動画を編集したりをカンタンにできる方法です

サイト別ダウンロード方法

FC2動画をダウンロードする
FC2動画のやっかいなところは「配信形式がしよっちゅう変わる事」ダウンロード防止策なんですが、欲しい動画が多いのでなんとか保存したくなっちゃいます。FC2動画をいとも簡単にダウンロード保存する方法を解説